お色直し

納得できるウェディングドレスとお色直しのドレスを選びたいなら

結婚することが決まったならば、ウェディングドレスやお色直しのドレスを慎重に選ぶ準備をはじめましょう。
それぞれの結婚式場で用意していますが、気に入ったドレスがなかった場合は、レンタルショップを利用する方法がおすすめです。
たくさんの種類が見受けられますので、とても重宝されています。
また、ティアラやネックレスのレンタルも行っていますので、ドレスとのコーディネートを楽しめます。
また、ウェディングドレスは純白と決まっていますが、お色直しのドレスはピンクやオレンジ、ブルーなど、花嫁の好みで選択することができます。
そのために、どのようなドレスにしようかと、期待に胸を膨らませている人はとても多いです。
また、タキシード姿の男性とバランスが取れていることが重要ですので、じっくり吟味することが大切です。
レンタルショップでは、男性用のタキシードやネクタイ、シャツなどを豊富に用意していますから、選択肢が多く、とても便利です。

「ウェディングドレス」の後の「お色直し」で増加傾向にある和装

結婚披露宴の際に、途中で新郎新婦が衣装を替えることを「お色直し」と言います。
新郎の場合は、和装が紋付袴、洋装はセレモニースーツにタキシード、フロックコートやモーニングコートが挙げられます。
花嫁の場合、和装のであれば白無垢から色内掛や引振袖が一般的です。
また、洋装となるとウェディングドレスからカラードレスと言う流れになります。
「お色直し」と言えば、結婚式が和装なら結婚披露宴も和装、洋装の場合も然り、と言うのが常識だったのですが、結婚式で「ウェディングドレス」を着用した後、披露宴で着るドレス選びに悩んで時間が掛かってしまうと言うケースも多々みられます。
そこで最近人気が上昇しているのが、結婚式は「ウェディングドレス」、結婚披露宴は「和装」と言うスタイルです。
カラードレスに抵抗がある、ドレスも着たいけれど日本だから和装もしたい、等と言う理由から、洋装も和装も両方取り入れたスタイルを選択する人が増えていると言われています。

注目サイト

Last update:2017/8/10

『ウェディングドレス お色直し』 最新ツイート


Fatal error: Class 'Abraham\TwitterOAuth\TwitterOAuth' not found in /home/kjdp58g9/ttmonaco.com/twitteroauth/tweet.php on line 136